エステ・英会話教室等の中途解約に関する内容証明の書き方

エステ・外国語教室・家庭教師・学習塾・パソコン教室・結婚相手紹介サービスを中途解約する場合の内容証明郵便について、書き方をご説明いたします。

このページの目次

  1. 必ず書いていただきたいこと
  2. 当事務所で記載する事項

1. 必ず書いていただきたいこと

エステ、語学教室、家庭教師・通信指導、学習塾、パソコン教室、結婚相手紹介サービスの中途解約を通知する場合、以下の項目を内容証明に盛り込んでください。

  • 契約日
  • サービスの名前
  • サービスの回数、有効期限
  • サービスの金額
  • 担当者の名前
  • 「契約を解除する」ということ。

関連商品も買っている場合は、下記事項についても書いてください。

  • 商品の名前
  • 商品の数量
  • 商品の金額

※記載する内容は、ケースによって異なる場合があります

2. 当事務所で記載する事項

当事務所に内容証明作成をご依頼いただきますと、上記事項に加えて次の事項についても記載します。

  • 契約解除を主張する法的根拠
  • こちらから業者に求める対応(料金の精算、商品の引取り、業者からの回答についてなど)
  • 行政書士としての私の名前
  • 行政書士の職印の押印

ケースによっては、中途解約が妨害されないようにさらに文面を工夫します

スポンサーリンク

このページの先頭へ