クーリングオフに関する内容証明の書き方

内容証明郵便を活用してクーリングオフする場合の書き方についてご説明いたします。

このページの目次

  1. 必ず書いていただきたいこと
  2. 当事務所で記載する事項

1. 必ず書いていただきたいこと

クーリングオフを主張する場合、以下の項目を内容証明郵便に盛り込むようにしてください。

  • 契約日(申込日)
  • 商品の名前(サービスの名前、権利の名前)
  • 商品等の数量
  • 商品等の金額
  • 販売担当者の名前
  • 「契約を解除する」ということ(契約が成立している場合)
  • 「申込みを撤回する」ということ(契約が成立していない場合)

記載する内容は、ケースによって異なる場合があります。

2. 当事務所で記載する事項

当事務所に内容証明作成をご依頼いただきますと、上記事項に加えて、次の事項についても記載します。

ご自身で内容証明を作成する場合は、下記の内容についても参考にしてください。

  • 契約解除(申込みの撤回)を主張する法的根拠
  • こちらから業者に求める対応(代金の返還、商品の引取り、業者からの連絡方法についてなど)
  • 行政書士としての私の名前
  • 行政書士の職印の押印

ケースによっては、クーリングオフが妨害されないように、さらに文面を工夫します。

スポンサーリンク

このページの先頭へ