アダルトサイト・出会い系サイト関連の手口

悪質なアダルトサイトや出会い系サイト関連の手口についてご説明いたします。

このページの目次

  1. 使った覚えがないのに料金を請求された場合
  2. 無料だと思ってクリックしたら料金を請求されてしまった

1. 使った覚えがないのに料金を請求された場合

いわゆる架空請求です。

「ムシする」という対処法が広く知れ渡ってきたために、その裏をかく手口が増えています。これは、裁判所の「支払督促」や「少額訴訟」という手続きを悪用した手口です。

もし本当に正規の手続きを経ている場合は、強制執行される可能性があります。しかし実際には、支払督促や少額訴訟という言葉をちらつかせて、私たちを慌てさせて支払わせようというものが多いようです。

対処法

請求書にはもっともらしい法律の名前や条文が書かれていたりして、不安になってしまいますよね。

でも、絶対に使っていないというのであれば基本的に無視してOKです。こちらから相手方には連絡しないようにしましょう。電話番号や住所等を知らせると、さらに悪質な請求をされる恐れがあります。

また、裁判所から送られてくる書類は封書に裁判所の名前が入り、特別送達と書かれています。また、書留扱いですので配達員さんから直接受け取ることになります。

もし心配なようでしたら、まずは実際に裁判所に電話して確認してみてください。そのとき注意していただきたいことは、郵便物に記載されている電話番号ではなく、裁判所の正しい電話番号を自分で調べるということです。

郵便物に公的機関の名前とともに電話番号が書かれていてもウソの場合があります。電話帳や役所のHPなどで電話番号を調べてから掛けてください。

2. 無料だと思ってクリックしたら料金を請求されてしまった

「無料サンプル」「無料体験」

などという表示を信じてクリックすると有料サービスに登録されてしまい、料金を請求されるというケースです。

対処法

特定商取引法では、顧客の意思に反して申し込みをさせようとする業者の行為は、行政処分(指示処分)の対象になると定められています。

顧客の意に反して申込みをさせようとする行為とは、次のような行為です。

  • パソコン等の操作が契約の申込みになるということを、消費者がパソコンを操作する時に容易に分かるように表示していないこと
  • 申込みの内容を、消費者がパソコンの操作を行う時に容易に確認し、訂正できるようにしていないこと

また、電子消費者契約法(+民法)では、電子消費者契約(パソコン等の画面を介して結ばれる契約)の場合、意図しない申込み・承諾行為は無効になるとされています。

意図しない行為とは、次のようなものです。

  • パソコンで送信した時に、消費者に申込み・承諾の意思がなかった場合(クリックミスや操作ミス)
  • パソコンで送信した時に、消費者が、送信した内容とは異なる意思を示したかった場合(本を1冊注文したかったのに、間違って10冊と入力し、送信してしまった場合など)

スポンサーリンク

このページの先頭へ